東北海道日野自動車株式会社

省エネ運転のコツ

ムダなアイドリングは
やめよう!!

1 時間アイドリングすると、エンジン排気量のおよそ10分の1 の燃料を消費します。
E13Cエンジンなら、約1.3リットル。エアコンを使っていると、さらに約10%消費します。

ムダなアイドリング= 燃費悪化

こんな心がけが省燃費になる

・休憩施設を積極的に利用する。

・暖房には蓄熱式ヒーターやマットを利用する。

・休憩施設利用を前提とした運行計画をたてる。

・冷凍機はスタンパイ装置を使う。

アイドリングストップは
10秒でおトク!!

エンジン始動に必要な燃料は、アイドリング約5秒に相当します。10秒以上のエンジン停止なら、燃料の節約が期待できます。また、エンジンが暖まっている時は、アクセルOFFで始動するのが基本です。

発進・加速はゆっくりと!

急発進や急加速はエンジン回転が高くなり、燃費が悪化します。
発進かう時速50キロまでに消費する燃料は、省エネ運転を行う/行わないでは20〜25%の差が生じます。

急発進・急加速= 燃費悪化

こんな心がけが省燃費になる

・車が動き出したらすぐに3速へ。

・グリーンゾーンの範囲内でシフトアップする。

・巡航時は必ずトップギヤで回転を抑える。

・ベタ踏みは絶対にしない。

※ 2速で吹き上がらせてしまうと、省燃費運転はできません。

目安は大型で7割、中型で5割!

アクセルの踏み込み量は「気持ちゆるめ」で!!アクセルの踏み込み量は、大型なら70%程度、中型なら50%程度が目安。 この目安を守ることが省エネ運転につながります。

一定の速度で走ろう!!

アクセルペダルを踏んだり戻したりする「波状運転」は、瞬間的にエンジン回転が上昇するので、燃費悪化の大きな原因となります。

急発進・急加速= 燃費悪化

こんな心がけが省燃費になる

・常に一定のスピードで。

・エンジン回転はグリーンゾーン内で。

・波状運転をしない。

・できるだけ上のギヤを使う。

新型エンジンは低回転でも高トルク!!

低回転・高トルク型のエンジンは、回しても定りは変わりません。
1,000rpm以下でも十分なトルクがあるので、早めのシフトアップがおトクです。

スピードを抑えよう!!

スピードの出し過ぎは、燃費の悪化につながります。
高速道路走行主体の場合、速度を10km/hアップすると、燃費が10%悪化するというデータもあります。同時に危険度も高まります。

スピードの出し過ぎ= 燃費悪化

こんな心がけが省燃費になる

・スピードリミッタ一規制よりもさらに車速を抑える。

・制限速度を守る。省燃費でなおかつ安全に走れます。

東京〜大阪500キロ。70km/hで
走れば約75万円おトク!!

低回転・高トルク型のエンジンは、回しても定りは変わりません。 1,000rpm以下でも十分なトルクがあるので、早めのシフトアップがおトクです。

上限速度90km/h
運行時間50:40:09
燃費消費量36L
年間の差-
年間の差額-
上限速度80km/h
運行時間6:21:30
燃費消費量122L
年間の差3,918L
年間の差額392,400円
上限速度70km/h
運行時間7:19:08
燃費消費量110L
年間の差7,545L
年間の差額754,800円

減速は早めに!!

ブレーキがよく効くと、ついついブレーキをかけるポイン卜が先になります。
ブレーキを踏む直前まではアクセルを踏んでいるので、燃料を消費しています。

直前のブレーキ= 燃費悪化

こんな心がけが省燃費になる

・まずはエンジンブレーキで減速。
・ギヤは入れたまま。
・クラッチはつないだまま
・必要最小限のフットブレーキで停止。

燃料にすると年間3,600~4,500
リットルもの差!!

エンジンブレーキとフットブレーキの差は、一般的に1 回あたり燃料20〜25ccに相当します。1 日のブレーキ回数を600回とすると年間300日で3,600〜4,500リットルもの燃料を節約できます。

損保保険・生命保険

東北海道日野自動車では、損害保険・生命保険の代理店業務を行なっております。 担当スタッフが、親切・丁寧に対応させて頂きます。

  • ・三井住友海上火災保険株式会社
  • ・三井住友海上あいおい
  •  生命保険株式会社
  • ・東京海上日動火災保険株式会社
  • ・あいおいニッセイ
  •  同和損害保険株式会社
  • ・日本興亜損害保険株式会社
  • ・株式会社損害保険ジャパン
  • ・日新火災海上保険株式会社
  • ・富士火災海上保険株式会社
  • ・北海道トラック交通共済協同組合

メニュー

© 2015 東北海道日野自動車株式会社 inc.

tel:0155-33-4441